読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巨人の戦いは第1弾が始まった!エレンVS鎧の巨人!

回顧に集に感じさせる戸惑う茫然との未来は、罗塞の壁の上で、レンとベルテウトが崩壊の瀬戸際に瀕し、そしてみんなの前で釈放した巨人の力、変身は鎧の巨人や超大型巨人

 

エレンは2人との昔の共存の時間を思い出し、最後まで戦う決意をした。巨人の戦一触即発
座ってきついソファ、下漫娘を引き続き皆さんと話しななしち話のストーリー第でしょうか(この集全行程のハイエナ-ジの……)。

巨人化のアランはライナ手を現し、鎧の巨人が拳を強打。その壁の上の三笠この時は当時の猶予と五味雑陳、頭に浮かんだ当時ライナとベルテウトが驚きの姿。

レンズに切り替えて壁の上部に直面して、超大型巨人、漢吉率いるみんなな経費が燃えている)というより。

兵団は超大型巨人の背後に回って、その隙に首すじ重傷を与えたい。本当のことは本当に甘えているから

ところが近づく時、超大型巨人を放つ高カロリー蒸気で自分の体を守る、みんなより一時撤退を元の場所に。

漢吉命令各班が待機し、しかも論点見えてベルテウトが維持できるような状態は一体いつまで。その後漢吉1クラスやアル名に自分に鎧の巨人との戦いで(しかし、彼らの加入は別に卵用…)

もう一度繰り返す:

エレンと鎧の巨人の戦いに戻る。

鎧の巨人で体の特殊な構造も、アレンの攻撃それとも三笠の刃にダメージを与えることもできない。

劣勢のアレンが倒された後、突然、アニとの格闘を思い出した:

自分の弱いやライバルとの差を意識しなければならない、アラン一定の技巧。

よろいの格闘技は、よろいの巨人との戦いに新たなきっかけをもたらしたとされていた!

もう1つのはさみ足!

鎧の巨人の捕える技能はエレンにも及ばない。

ここで漢吉は情勢の下で分析した鎧の巨人の弱点は、昔の戦争の人々の服装の鎧のように、皆で覆われた場所でない体構造。

例えば脇、急所(なぜ漫娘とミカサ切りに鎧の巨人のどこか)膝の後部と。

そこで機転のミカサすぐはエレン制圧鎧の巨人の時はその膝後部の靭帯切断(?)ため、鎧の巨人のうちの1匹の足に力を入れ始めないし、徐々にエレン完全制圧の下にある。

その問題はミカサが失策、彼女はただ1匹の足のひざの後部を傷つけていたため……

土壇場で、鎧の巨人に全力で、どうしても自分とアランの位置を移した超大型巨人の下。

実はこの時のアル敏とっくに気づいた、仕方は鎧の巨人の呼びかけで、超大型巨人は立ち往生壁両辺の肋骨(肋骨だろう)を折れ、ホメオパシーうってアレンの側。

エンディングの予告から見れば、アレンは連れ去られていると推定されている……

だからアレンは持ち帰って、このあるいはミカサたちは直面する最大の難題に直面して、これはミカサのは最も難しいです。